Der Lezte Tanz

観劇、映画鑑賞、読書のキロクを中心に。

小説「噂」:たった4文字ですべてがひっくり返る

※読書記録はここ数年で読んだ本の記録を読書ノートから引っ張ってきてるんですけど、ランダムに引っ張ってるからそのうちどれをブログに書いたか忘れそう(というどうでもよい懸念)

 

「噂」:萩原浩

 

(あらすじ)

レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」

香水の新ブランドを売り出すため、渋谷でモニターの女子高生がスカウトされた。口コミを利用し、噂を広めるのが目的だった。

販売戦略どおり、噂は都市伝説となり、香水は大ヒットする。だがある日、足首のない少女の遺体が発見され、噂は徐々に現実へと姿を変えてゆく…。

 

(感想)

文庫本の帯に思いっきり「どんでん返し!」みたいな宣伝文句が書かれており、どんでん返しにあまり驚けない私が、そこまで言うならむしろ気になる…と購入した1冊。萩原浩さんの作品は今回初めて読みました。

 

何となくこうなのかな?と結末の予想はついたものの、それでもめちゃくちゃ怖かった…!ホラー小説じゃないのに、読んだ日の夜はなんとなく寝つきが悪かったです…。

 

伏線の張り方が非常にうまく、基本的にはすらすらと読める文章なのですが、ところどころ「ん?」って思うような場面があったり、妙に印象に残る言葉が何度か繰り返されていました。

そういった「違和感」が、最後にきれいに回収されていて、ものすごく面白かったです。

 

最後の1行、というかもはやたった4文字で、読者を絶望に陥れる文章力が素晴らしすぎます。

 

結末もゾッとしますが、それ以上に怖かったのは中盤である人物が誰かと会話している場面。全て読み終わってから、時系列を考えながら読み直すと…………さらに背筋が凍りました(震)

 

物語の真相は、現実的に考えると少々無理がある気もしましたが、久々にパンチの効いたお話を読みました!おすすめです!

 

 

小説「火星に住むつもりかい?」:正義の味方はあてにならない?

「火星に住むつもりかい?」:伊坂幸太郎

 

(あらすじ)

「安全地区」に指定された仙台を取り締まる「平和警察」。その管理下、住人の監視と密告によって「危険人物」と認められた者は、衆人環視の中で刑に処されてしまう。

不条理渦巻く世界で窮地に陥った人々を救うのは、全身黒ずくめの「正義の味方」ただ1人だった。

 

(感想)

中盤くらいまでは正直内容も、話のテンポもいまいちで、「こりゃ伊坂作品初の挫折かな…」と思っていたのですが、半分を過ぎた頃から突如めちゃくちゃ面白くなり、最後はページをめくる手が止まらなくなるレベル。読みながら電車乗ってたら、降りたかった駅を通過しておりました(実話)

 

登場人物が多いのと、各キャラクターの繋がりが少々分かりづらいかもしれません。でも中盤以降は本当に面白くなるので、それまで頑張って…!!読んでください…!!(今読んでる人へ)

 

善き行い・正義・偽善・善と悪などなどについて考えさせられるストーリーでした。

 

自分が正義と信じたことが、どこかの誰かを苦しめていたり、回り回って自分が苦しむ可能性もある。

 

正義の名の元に行われたことが、必ずしも良い結果につながるとは限らない。

 

自分が悪人と思っている人間だって、彼らはそれを「善き行い」「正義」と信じて行動してるかもしれないし、自分と同じように愛する家族や恋人がいるかもしれない。

 

「正義の味方」は、その肩書きがある限り、困っている人たちを片っ端から助けるべきなのか?

 

とりとめもないですが、読みながらこんなことを考えておりました。ふと立ち止まって考えたくなるようなテーマが、全体的に散りばめられていて、ただ楽しむのみではない小説だと感じました。

 

ちなみに「火星に住むつもりかい?」というセリフ。物語の中で2回使われていたけど、なるほど、そういう意味で使われるのね、と。

 

火星に逃げたくなるくらい、人間社会は時として生きづらいこともあるけど、飄々とかっこよく、明るく生きてゆきたいものです。

 

 

ワイヤレスイヤホンを使う勇気

 

どうも、有線イヤホンから離れられない人間です(ぺこり)

 

外出の移動時はもっぱら愛用中のWALKMANで音楽を聴いてます。

 

最近電車の中でもあんまり有線イヤホンつけてる人を見なくなってきて、今使ってる有線イヤホンが壊れたらワイヤレスイヤホンに替えようかな…と思ってるんですけど。

 

 

皆さん、失くしたり落としたりしないんですか?????

 

 

という不安がありまして、なかなか購入に踏み切れません。

 

 

「ワイヤレスイヤホン、落とさないように気をつけて!」みたいな注意喚起のポスターも、駅構内でちらほら見かけるようになったし、落とすことも多々あるんだろうな…(当たり前か)

 

でもどこかに引っかかったり、絡まったりというストレスから解放されるのは魅力的…!

 

落としてもあまりショックを受けないよう、ちょっと安めのワイヤレスイヤホンから試してみようかな…。

 

(でもそれで安心してお高いのを買ったら落とすんだろうな…)(ネガティブ)

 

 

ドラマ「エール」:2人で奏でる人生というメロディ

 

*やたらクサいタイトルになってしまったけど、最終回を見た印象がそんな感じだったのでそのまま言葉にしてみました。

 

 

朝ドラ。

それは私の人生に縁もゆかりもないまま終わるもの。

 

 

の、はずでした。2020年3月末までは。

 

 

これまで「わろてんか」に金持ち御曹司役(でしたっけ?)で高橋一生さんが出ようが、「半分、青い」に少女マンガに出てくるようなザ・王子様キャラ(でしたっけ?)で佐藤健さんが出ようが、1ミクロンも興味が湧かず、すべてスルーしていました。

 

「エール」も、窪田くんはお気に入り俳優の1人だし、二階堂ふみちゃんもいくつか作品を見ていて上手だなと思って比較的好きだったし、何より大好きなミュージカルの世界から役者さんが数名出演されることは事前に知ってはいました。

 

でも毎朝朝ドラが始まるずーっと前に自宅を出て通勤しなくてはいけなかったため、わざわざ毎日録画するのも面倒だし、録画を見る時間も取れないだろうし、と見るつもりは全くありませんでした。

 

が、3月末から突如始まった在宅勤務。

毎日往復3時間あった通勤時間がなくなり、早起きの必要がなくなり、朝ごはん中に必ずついていたのが朝ドラだったので(家族に朝ドラファンがいるため)、本当に成り行きで見始めることにしました。

 

気づいたら途中で挟まれた再放送期間も含め、がっつり8か月間見ておりました!

完全に生活リズムが変わる中で、朝のルーティンの一部として「朝ドラを見る」を取り入れたところ、朝の流れが決まってスムーズに生活の変化に対応できました。ありがたや。

 

 

物語としては正直かなり粗も感じました。なので傑作とは思えなかったかな…。

(ただでさえコロナ禍で色々大変だったのに、どうやら本来いたはずの脚本家が早々に降板したとか。そう考えると、そもそも完走できたこと自体が奇跡なのでは…)

 

特に最後の2週間くらいはやっつけ感がすごかったです。いち視聴者としては娘の結婚ドタバタ劇より、東京オリンピックに向けた楽曲の制作ストーリーをもっと見たかったのですが、このご時世、大勢を集めた撮影もできなかっただろうし、今年開催予定だった東京オリンピックは結局なくなってしまったし、ああいう風にさくっと入れ込むことしかできなかったんだろうと思います。2週分(10話)カットになってしまったのも、相当痛手だったのでは…。

 

あと私は朝ドラ初心者だったので、特に不思議に思いませんでしたが、朝ドラファンの母に言わせると「エールはちょいちょいふざけすぎていた」とのこと。確かに、再放送の時に初めてしっかり見た第1話の冒頭とか、言いたいことはわかるけども原始時代はさかのぼりすぎだろ…とは思いましたし、プリンス久志vsスター御手洗の回は、なまじ中の人たちの実力を知っているがゆえに「こんなコントみたいな話に使われるなんて…」と、笑いつつもちょっぴり悲しくなったりならなかったり。あのエピソード自体は結構好きでしたけど!

 

それでも今年は特に暗い1年になってしまったので、このくらい明るい内容のドラマでむしろ良かったと思います。戦争を描いた週はシリアスで考えさせられましたし、全体を通してメリハリがついていたと思います。

 

また「歌は誰かの力になる」というテーマで一貫していましたが、時にはそれがマイナスの方向に働くこともしっかり描かれていたのが、個人的には好きでした。戦争中に多くの若者が、裕一の作った曲に鼓舞されて戦地に赴く。それを裕一は誇らしく思っていたけれど、もたらした結果はとても残酷なものでした。見ていてつらかったけれど、歌が持つパワーがそこまで絶大なものなんだと、その力の大きさに逆に気づくことができました。

 

裕一と音夫婦も、天才とその天才を支えるパワフルすぎる奥さん、という感じで、あまり共感はできなかったけれど、こんなに波乱万丈かつ素敵な生き方をしたご夫婦がいらしたんだな~と、ちょっとした憧れすら抱きました(ドラマで描かれていることすべてが本当にあったことではない、と分かった上での感想です)

 

窪田くんとふみちゃんはやっぱり上手ですね!

窪田くんはコミカルな演技・絶望の淵に立たされる演技、どちらも素晴らしくて演技の振り幅の大きさに改めて驚かされました。

ふみちゃんは演技はもちろん、あれだけの歌い手に囲まれて相当プレッシャーだったと思いますが、誰にも頼ることなく自分自身で歌っていて、その心意気に感動しました。私なら絶対歌吹き替えてもらうもん…(震)

 

そして私が見ていて1番楽しかったのは、ミュージカル界からさまざまな俳優さんが出演していたこと!

メインキャストの1人・久志を演じた育三郎さんを筆頭に、古川さん、吉原さん、井上さん、堀内さん、小南さん、柿澤さん、そして少しの登場でしたが海宝さんまで…!歌がテーマのドラマだったので、確かに歌も演技もできるミュージカル俳優さんにはうってつけの舞台でした。

 

しかも今年の、特に前半は、たくさんの演目が中止となり、多くのミュージカルファンが心底がっかりしていたので、テレビを通して活躍を見られたのはとても嬉しかったです。

 

すっかり「エール」の名物キャラになった、ミュージックティーチャー・御手洗先生を演じた古川さん。どぎつい色のシャツを身に着け、カッと見開いた目で音ちゃんに指導していた登場時のインパクトが未だに忘れられません…。笑

今年は映像作品での活躍が盛りだくさんでしたが、朝ドラでの活躍はかなり影響が大きかったのではないでしょうか!?本来であれば新人オーディションのお話で出番が終わりだったようですが(当時花束をもらってる写真が番組公式SNSに上がっていたはず)、結局最終週までちょこちょこ出演されていましたね。大幅に出番が増えたんだろうなと思いました。

個人的にはミュージカルで拝見する古川さんが一番好きですが、映像作品で培った経験を武器にしてまた舞台に戻ってくるはずなので、その姿を拝見するのが今から楽しみです♪

映像作品では、いつか強烈な悪役とか演じてみてほしいな~…(「下町ロケット」みたいな小物じゃなくて。笑)

 

そして映像作品にはまず出ないだろう…と勝手に思っていた海宝さん。音ちゃんが出演するはずだったオペラでのお相手役として出演されていました。発表された時は番組表を穴が開くほど見つめ、登場回の朝まで「もしかしたら夢なんじゃないか」と何度も見返してました。笑

実はひそかに「これだけミュージカル界の方が出ているなら、海宝さんも出てくれないかな~」とは思っていましたが、いざ実現するとなると「これは都合の良い夢なのでは」と思い始めるという…。笑

オペラは本職ではないため歌唱法の違いにやや苦労されたようですが、さすがの歌唱力を短い時間で披露されていました。

今後また映像作品には出られるのでしょうか。海宝さんが出るならあの歌唱力を使わないのは本当にもったいないと思ってしまうので、ある意味作品が限られてしまいそうですが…。

 

カーテンコールのようなコンサートも、とても素晴らしかったです!!最後の最後で話題をかっさらっていった岩城さん(吉原さん)の「イヨマンテの夜」が、あまりにも圧巻すぎて笑ってしまいました…w

 

 

あんまりうまく感想がまとまりませんが…。

 

最終回の裕一のセリフの言い回しを少し借りるのであれば、

 

初めて見た朝ドラが「エール」で良かった。

そう思えるドラマを、この困難な状況下で最後まで作ってくれてありがとね。

 

この作品に携わったすべての方にそう伝えたいです。

 

2018.8.28 劇団四季「キャッツ」:気高い猫たちの世界へ

 

人生初の「キャッツ」。大井町に専用劇場ができたので行ってみました。

実はあんまり興味のある作品ではなかったのですが、ミュージカルファンを名乗るのであれば「たしなみ」として一度は観るべきなのかなと勝手に思い。あと回転席には興味があったので、先行販売でこの日の回(やや後方の席)と、もう少し先の回で回転席最前列を確保しておりました。

 


f:id:der_letzte_tanz:20201118185033j:image

 

あまりにもキャストが多すぎて全然把握できなかったので、初見で感じたことをとりとめなく書いていきます。

 

まずびっくりしたのが、客席内の装飾の凝りっぷり!!

ゴミで溢れかえる劇場はTVの特集で何度も見てたけど、実際に足を踏み入れると、想像以上に完成度の高い世界観に圧倒されました。普通は舞台と客席は完全に分断されているので、あちらの世界で起きる出来事をこちらの世界から眺める、という感じですが、この作品に限ってはその2つの世界の境界線がなく、観客も猫サイズの世界に放り込まれたような、奇妙な気分になりました。

 

そして開演後、次回来るときに自分が座る回転席がどのあたりか確認していると、早速何かがしゅたっ!!と横を通り過ぎる気配が。え、何だろ…と思っていると、その「何か」に思いっきり顔を覗き込まれました。怖いわ!!!!!!!!!

何が何やらなまま、徐々に猫たちがステージに集まってきました。


その後しばらくすると、猫たちが再び客席に降りてきて、何やらみんなで暗唱するシーンが始まりました。

前方からやたらスタイル抜群で美人な猫さんがやってきたな~…と見ていたら、ばちっと目が合ってしまい、こちらにささーっと近づいてきた美人猫さん。

そしてそのまま数秒、にらめっこ状態に。あまりにもとっさのことだったので、ものすごい気の抜けた顔で見つめ返してしまいました…。こんなことならにらめっこ特訓しておけば良かったよ(そういう問題じゃない)

 

ふむふむ、これがネーミングのロックオンってやつね、とキャッツ用語を理解。

 

全くのキャッツ初心者だったので猫の名前がわからなかったのですが、後にこの美人猫さんは、ジェリーロラムさんだと判明。演じられていたのは外部俳優の真瀬さんという方でした。あのがっつり猫メイクでも隠せない美しさ…。

 

正直1幕は「????????」と脳内がはてなマークでいっぱいになってしまい、楽しみ方が分からず困惑しました。物語が全然ないので、ただただ目の前で繰り広げられるパフォーマンスを見るだけになってしまい、今まで観た作品とはかなり毛色が違うなと。最後まで見たら一応何となく楽しかったです(ぼんやり)見え方がかなり違ってきそうなので、色んな座席で見てみたい作品ではあるなと思いました。

 

 

ちなみに通路側の席だったので、クライマックスで行われる猫たちとの握手を楽しみにしていたのですが、おそらく座席のポジション的にあまり良い場所ではなかったようで、誰とも握手できずに終わってしまい、ほろ苦い「キャッツ」デビューとなったのは今となってはいい思い出です。笑